記事一覧

ジョン・ウィック:チャプター2/JOHN WICK: CHAPTER 2 (2017)


キアヌ・リーヴス主演のシリーズ第2弾
ジョン・ウィック:チャプター2 (2017)のラベル6種類です。

見本画像はDVDラベルです。BDラベルもあります。

ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルA ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルB ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルC ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルD ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルE ジョン・ウィック:チャプター2 DVDラベルF

邦題:ジョン・ウィック:チャプター2
原題:JOHN WICK: CHAPTER 2
年度:2017年
製作国:アメリカ
上映時間:122分
ジャンル:アクション/サスペンス
劇場公開:2017年7月7日


ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]



Amazon.co.jp 商品説明より

伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋
追う者は、追われる者へ―

≪キアヌ・リーブス主演、大ヒットアクション・エンタテインメントの第二弾襲来! ! ≫
■全世界で驚異的な大ヒットを記録し、キアヌ・リーブスをスターダムへと返り咲かせた「ジョン・
ウィック」。全世界のファン熱望の続編がついに登場! ! パワーアップを果たした“ガン・フー"ア
クションだけでなく、“カー・フー"“ナイ・フー"を引っ提げ最強の暗殺者がカムバック! !
■前作でおなじみのメンバーに加えて、強力な新メンバーが参戦! ジョン・ウィックを追い詰める宿
敵に、グラミー賞ラッパーでありながら人気俳優でもあるコモン。モデルでありながら近年映画界で
目覚ましい活躍を見せるルビー・ローズが聾唖の殺し屋を怪演。「続・荒野の用心棒」のジャンゴで
知られる名優、フランコ・ネロも参戦。さらに、キアヌの代名詞「マトリックス」で共演したローレ
ンス・フィッシュバーンが出演!
■監督は「マトリックス」以来キアヌと固い信頼で結ばれているチャド・スタエルスキが前作に続き
続投! あらゆる面で前作を凌駕する作品を作り上げた!

[内容解説]
【復讐の代償に7億円の懸賞首となった伝説の殺し屋ジョン・ウィック。果たして彼は生き残れるの
か! ?】

伝説の殺し屋ジョン・ウィックによる壮絶な復讐劇から5日後―。
彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生
活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、思い出の詰まった家をバズーカで破
壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危
険を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。



今度は家かよ!『ジョン・ウィック:チャプター2』予告編


監督:チャド・スタエルスキ
出演:
キアヌ・リーヴス
コモン
ローレンス・フィッシュバーン
リッカルド・スカマルチョ
ルビー・ローズ
フランコ・ネロ
クラウディア・ジェリーニ
ブリジット・モイナハン
ランス・レディック
トーマス・サドスキー
デヴィッド・パトリック・ケリー
ピーター・ストーメア
トビアス・シーガル
ピーター・セラフィノウィッツ
ルカ・モスカ
ジョン・レグイザモ
イアン・マクシェーン



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク







検索フォーム

ツイッターフォローお願いします(o⌒∇⌒o)



WELCOME!

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

SPACEMAN

Author:SPACEMAN
女子力皆無、SFダイスキな管理人が、趣味で作ったDVDとBLU-RAYラベルをご紹介してます!フォトショップは持ってません。ヘタクソですけど、喜んで頂けるととてもうれしいです♥

画像は私の別サイトへリンクしています。
プリントはそちらで大きな画像をダウンロードして使ってくださいね。テレビ録画された映画やドラマのコレクションのお役に立てば嬉しいです♪

録画メディアに合わせて使えるように、DVDやBLU-RAYのロゴマークは入れていませんでしたが、最近は両方作るようにしています。マークありとなしのラベルがあるので、プリントの際はご注意くださいね。
ラベルの画像サイズは主に600X600と、1200x1200です。

時間的にレスはできませんが、頂いたコメントや拍手は、管理人のやる気スイッチにつながってます。(^ー^)

以下別サイト内のラベルコーナーへのリンクです。
自作DVDラベルHOME
洋画シリーズ別ラベル
アニメ映画(洋画)ラベル
日本映画ラベル
日本のアニメとTVドラマラベル
海外テレビドラマラベル

当サイトにある画像、映像、一部の記事等の著作権は全てそれぞれの所有者さまに帰属します。

DVDラベル検索